ザガーロの国内正規ジェネリック医薬品について

ザガーロのジェネリック医薬品とは、有効成分である「デュタステリド」を保有し、厚生労働省から「ザガーロ」と同じ程度の効果があると認められた薬のことを言います。

先発品の「ザガーロ」の物質・用途などの特許期間の満了し開発した製薬メーカーが一独占的に販売する期間を過ぎた後、厚生労働省にジェネリック医薬品として先発品と同等の効果があると認可されると、国内で販売出来るようになります。

国内では、13社からザガーロのジェネリック医薬品が発売開始されていますが当サイトでの取り扱いはありません。

詳しくは下記にある代表的な国内正規ザガーロジェネリック医薬品のリストをご参照ください。

☑処方価格の比較
薬剤名30カプセル/錠
30×1箱
ザガーロカプセル10,500円
デュタステリド錠[NS]6,000円
デュタステリドカプセル[トーワ]
PTPシート
7,000円
デュタステリドカプセル[トーワ]
ボトル入
6,500円
デュタステリドカプセル[サワイ]7,000円
三越屋バナー

先発品のザガーロとジェネリック医薬品の比較リスト

【先発品】
ザガーロカプセル
0.5mg
【後発品】
デュタステリド錠
0.5mg「NS」
【後発品】
デュタステリドカプセル
0.5mg「トーワ」
【後発品】
デュタステリドカプセル
0.5mg「サワイ」
グラクソ・スミスクライン日新製薬株式会社東和薬品株式会社沢井製薬株式会社
【使用期限】
製造から4年(48ヶ月)
【使用期限】
製造から3年(36ヶ月)
【使用期限】
製造から3年(36ヶ月)
使用期限】
製造から3年(36ヶ月)
直径「19.3mm」
厚さ「6.6mm」
質量「599mg」
直径「7.1mm」
厚さ「3.3mm」
質量「135mg」
直径「15mm」
厚さ「7mm」
質量「500mg」
直径「16mm」
厚さ「7mm」
質量「593mg」
【添加物】
ジブチルヒドロキシトルエン
中鎖モノ・ジグリセリド
ゼラチン
コハク化ゼラチン
濃グリセリン
酸化チタン
三二酸化鉄
プロピレングリコール脂肪酸エステル
【添加物】
乳糖水和物
低置換度ヒドロキシプロピルセルロース
ヒドロキシプロピルセルロース
結晶セルロース
ステアリン酸マグネシウム
ヒプロメロース
マクロゴール6000
酸化チタン、タルク
黄色三二酸化鉄
カルナウバロウ
【添加物】
ジブチルヒドロキシトルエン
中鎖モノ・ジグリセリド
ゼラチン
グリセリン
濃グリセリン
酸化チタン
三二酸化鉄
中鎖脂肪酸トリグリセリド
レシチン
【添加物】
ジブチルヒドロキシトルエン
ゼラチン
コハク化ゼラチン
グリセリン
酸化チタン
グリセリン脂肪酸エステル

国内正規ザガーロジェネリック一覧比較リスト

国内でのザガーロジェネリック比較表
剤形製造・販売特徴
【先発品】
ザガーロカプセル
製造販売承認日 2015年9月28日、発売開始日 2016年6月13日
0.5mgグラクソ・スミスクライン株式会社淡紅色
全長:19.3mm
厚さ:6.6mm
質量:599mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「トーワ」
製造販売承認日 2020年10月5日、発売開始日 2020年10月13日
0.5mg東和薬品株式会社淡紅色
全長:15mm
厚さ:7mm
質量:500mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「サワイ」
製造販売承認日 2020年10月5日、発売開始日 2020年11月6日
0.5mg沢井製薬株式会社淡黄白色
全長:16mm
厚さ:7mm
質量:593mg
【後発品】
デュタステリド錠0.5mgZA「NS」
製造販売承認日 2021年12月8日、発売開始日 2022年1月12日
0.5mg日新製薬株式会社淡紅色
全長:7.1mm
厚さ:3.3mm
質量:135mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「MYL」
製造販売承認日 2020年10月5日、発売開始日 2020年11月13日
0.5mgマイランEPD合同会社淡黄白色
全長:16mm
厚さ:7mm
質量:593mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「BMD」
製造販売承認日 2020年10月5日、発売開始日 2021年1月24日
0.5mg発売元:SKIファーマ株式会社
製造販売元:株式会社ビオメディクス
淡黄白色
全長:16mm
厚さ:7mm
質量:593mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「BMD」
製造販売承認日 2020年10月5日、発売開始日 2021年1月24日
0.5mg発売元:SKIファーマ株式会社
製造販売元:株式会社ビオメディクス
淡黄白色
全長:16mm
厚さ:7mm
質量:593mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「イワキ」
製造販売承認日 2021年5月18日、発売開始日 2021年6月1日
0.5mg製造販売元:岩城製薬株式会社淡紅色
全長:10.9mm
厚さ:7mm
質量:335.7mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「YD」
製造販売承認日 2021年5月18日、発売開始日 2021年6月28日
0.5mg製造販売元:株式会社 陽進堂淡紅色
全長:10.9mm
厚さ:7mm
質量:335.7mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「SN」
製造販売承認日 2021年5月18日、発売開始日 2021年7月5日
0.5mg製造販売元:シオノケミカル株式会社
販売元:本草製薬株式会社
淡紅色
全長:10.9mm
厚さ:7mm
質量:335.7mg
【後発品】
デュタステリドカプセル0.5mgZA「AFP」
製造販売承認日 2021年5月18日、発売開始日 2021年7月6日
0.5mg製造販売元:東洋カプセル株式会社
販売元:アルフレッサファーマ株式会社
淡紅色
全長:10.9mm
厚さ:7mm
質量:335.7mg
【後発品】
デュタステリド錠0.5mgZA「F」
製造販売承認日 2021年12月8日、発売開始日 2021年12月21日
0.5mg製造販売元:富士製薬工業株式会社淡紅色
直径:7.1mm
厚さ:3.3mm
質量:135mg
【後発品】
デュタステリド錠0.5mgZA「明治」
製造販売承認日 2021年12月8日、発売開始日 2022年1月21日
0.5mg製造販売元:明治製菓ファルマ株式会社淡紅色
全長:7.1mm
厚さ:3.3mm
質量:135mg

ジェネリック医薬品は先発品のザガーロと同じように効くのか?

当サイトにて紹介しているデュタステリドの国内正規ジェネリック品はどれも、日本で販売されていて厚生労働省の定める「後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン」に従った臨床試験を行い、先発品のザガーロ同等性が認められた商品になります。

下記は、デュタステリド錠0.5mgZA「NS」の国内で行った臨床試験で計測したデータになります。

比較してみると先発品のザガーロと数値がほぼ同等ということが分かるかと思います。これは、先発品のザガーロとほぼ同じような効能があるという事です。

AUC0-72
(ng・hr/mL)
Cmax
(ng/mL)
Tmax
(hr)
T1/2
(hr)
デュタステリド錠0.5mgZA「NS」61.23±24.613.028±1.022.1±0.964.58±21.33
標準製剤0.5mg61.36±22.93.62±1.252.0±1.164.15±18.00

平均値±標準偏差(n=77)
AUC0-72:0時間から72時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積
Cmax:最高血漿中濃度
Tmax:最高血漿中濃度到達時間
T1/2:消失半減期(血漿中濃度半減期)

海外のザガーロのジェネリックについて

海外では「デュタステリド」を有効成分とする薬剤が多く存在し、その多くはインドで製造された薬剤が多い傾向あります。

インド製のジェネリック品は、日本のものと比べて値段が安く毎日服用しないといけないお薬ですので継続しやすいという利点があります。

ただAGA治療薬やED治療薬は日本で人気が高い為、ニセモノが混ざっている危険性があります。

ですので、海外から個人輸入される場合はきちんと信頼がおける個人輸入業者から購入して頂くのがおすすめです。

デュタステリドは、「前立腺肥大症の治療薬」としては世界100カ国以上で承認を得ているにもかかわらず、薄毛治療の薬として使用されているのは日本と韓国だけです。

デュタステリドは薬を服用後、薬の成分の血中濃度が最大値の半分以下になる時間が約41時間±15時間と長い間、体に成分が残ってしまうこともあり、医師の中には薄毛治療の薬として「デュタステリド」を使用することに良くない思いを持っている方もいらっしゃいます。

長期服用している方は服用中してから6ヶ月間経過しないと献血ができないです。

もし、気になる方はプロペシアの成分フィナステリドでしたら、半減期が約4時間±30分で、服用中止してから1ヶ月で献血ができるようになります。

海外で販売されている「デュタステリド」を主成分とする薬剤は下記になります。

是非、参考にしてみてください。

★☆アボダート(Avodart)・・Glaxo Smith Kline社製(グラクソスミスクライン社)[イギリス]

デュプロスト(Duprost)・・Cipla社製(シプラ社)[インド]

ベルトリド(VELTRIDE)・・INTAS社製(インタス社)[インド]

デュタス(Dutas)・・Dr.REDDY'S LABORATORIES社製(ドクターレディース社)[インド]