デュタプロス(Dutapros)について

デュタプロス(Dutapros)

デュタプロス(Dutapros)グラクソ・スミスクライン株式会社から販売されている前立腺肥大症(BPH)治療薬である「アボダート」のジェネリック医薬品でトルコのイスタンブールに拠点を置く、コサックファーマ社から製造販売されています。

このコサックファーマ社は1971年にイスタンブールに創立され、現在では500種類以上の製品を生産しており、1,200人以上の従業員を抱えるトルコを代表する製薬メーカーとなっています。

テキルダ州のチェルケスキー工業地帯というところに東京ドーム3個分の大きさの自社工場を所有しています。

デュタプロスは、元々、前立腺肥大症の治療薬として使われていますが、日本国内では男性型脱毛症治療の目的とし外国から輸入する人が大半を占めています。

現在、AGA専用の治療薬としてデュタステリドが承認されているのは、世界で韓国と日本の2カ国のみですが、前立腺肥大症の治療薬としてデュタステリドが認められている国は世界で100ヵ国を超えています。

用途が違うだけで有効成分は同じデュタステリドを保有することから「BPH治療薬アボダート」と「AGA治療薬ザガーロ」は同じ薬と認識されています。

このことから、アボダートのジェネリック医薬品はザガーロと同じと、国内では解釈されているのです。

海外では前立腺肥大症であるアボダートのジェネリック医薬品としてデュタプロス以外にもたくさんの種類が製造されています。

特にインドで作られている製品が多く、下記のページでもインド製のジェネリック医薬品を紹介しています。

>>>【インドのデュタステリド製剤について

三越屋バナー

デュタプロスの製品イメージ

【商品名】デュタプロス(Dutapros)
【販売元】コサックファーマ社(COCAK FARMA)(所在地:トルコのイスタンブール)
【主成分】デュタステリド(Dutasteride)※0.5mgのみ製造
【剤 形】長楕円形の黄色がかったクリーム色の軟カプセル剤(カプセルの中身は無色の粘稠液体)
【効 果】本物であればアボダート0.5mgとほぼ同じ

デュタプロスを国内から手に入れる方法について

デュタプロスは未承認の医薬品であり日本国内から入手するのはオンラインで購入し個人輸入するしか方法がありません。

個人輸入の場合は、購入量は1ヶ月分と制限が設けられていますが、実際には関税はあまり気にしない為、それ以上の数で持ち込めるという印象があります。

個人輸入ですと、品質、有効性及び安全性の確認がなされていないため、効果が得られなかった偽物などが混入している可能性があります。

ED治療薬に関して日本新薬、ファイザー、イーライリリー、バイエル薬品の大手製薬メーカー4社で調査した所、約4割の薬ニセモノであったという調査報告があります。

ですので、購入される際はしっかりと薬の品質を管理している個人輸入業者から購入ください。

海外の製品は、値段も安く品質の高い製品が多いので、日本の国産よりも継続しやすいです。

当サイトでは、個人輸入代行業者は海外できちんと薬を取り扱うライセンスも取得しており、品質管理なども社内できちんと行っておりますので安心してご購入できます。

個人輸入で入手したデュタプロスを男性型脱毛症治療目的で服用する場合は服用上の注意点や副作用は先発品のザガーロと同じになります。

副作用はザガーロの副作用のページをご参考下さい>>>>>【ザガーロの副作用について