ザガーロの副作用について

ザガーロの有効成分であるデュタステリドAGAの原因である、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)を作るために必要な5α還元酵素を阻害し、薄毛の進行を止めます。

この高活性の男性ホルモンであるDHTは成長期には男性生殖器などの発達関係しているため、ザガーロの副作としても勃起不全や性欲減退といったものが目立ちます。

具体的な副作用の症状をまとめていますので、以下をご参照下さい。

総症例557 例の副作用リスト(簡易版)

第Ⅱ/Ⅲ共同試験において日本人120 例を含む、総症例557 例の中、95 例(17.1%)で副作用が報告された。

主要な副作用は、勃起不全(ED)24 例(4.3%)、性欲の減退22 例(3.9%)、精液量の減少7 例(1.3%)であった。

デュタステリド
0.02mg 群
デュタステリド
0.1mg 群
デュタステリド
0.5mg 群
評価症例数185188184
副作用発現例数(発現率)26(14%)39(21%)30(16%)
副作用名発現症例数(発現率)
生殖系および乳房障害12(6%)10(5%)14(8%)
勃起不全8(4%)6(3%)10(5%)
射精不能1 (1%未満)2(1%)1 (1%未満)
性機能不全2(1%)1 (1%未満)1 (1%未満)
乳房腫大01 (1%未満)0
射精遅延1 (1%未満)00
乳頭痛1 (1%未満)00
精液変色001 (1%未満)
精神障害13(7%)14(7%)4(2%)
リビドー減退9(5%)9(5%)4(2%)
リビド消失2(1%)2(1%)0
不安1 (1%未満)1 (1%未満)0
早漏1 (1%未満)00
神経過敏1 (1%未満)00
抑うつ症状01 (1%未満)0
胃腸障害6(3%)6(3%)4(2%)
腹痛2(1%)4(2%)0
上腹部痛2(1%)01 (1%未満)
腹部膨満1 (1%未満)1 (1%未満)0
鼓腸1 (1%未満)00
腹部不快感1 (1%未満)00
消化不良01 (1%未満)1 (1%未満)
臨床検査2(1%)6(3%)5(3%)
精液量減少2(1%)3(2%)2(1%)
トランスアミナーゼ上昇02(1%)2(1%)
神経系障害2(1%)3(2%)1 (1%未満)
頭痛01 (1%未満)0
傾眠1 (1%未満)
2(1%)0
浮動性めまい1 (1%未満)
01 (1%未満)
感染症および寄生虫症1 (1%未満) (1%未満)3(2%)
鼻咽頭炎1 (1%未満)03(2%)
癜風01 (1%未満)0

日本人で分けた120例の副作用リスト

デュタステリド
0.02mg 群
デュタステリド
0.1mg 群
デュタステリド
0.5mg 群
評価症例数404040
副作用発現例数(発現率)3(8%)5(13%)6(15%)
副作用名発現症例数(発現率)
生殖系および乳房障害1(3%)3(8%)4(10%)
勃起不全1(3%)1(3%)4(10%)
射精障害01(3%)1(3%)
乳房腫大01(3%)0
性機能不全01(3%)0
精神障害2(5%)3(8%)2(5%)
リビドー減退2(5%)3(8%)2(5%)
胃腸障害1(3%)01(3%)
腹部不快感1(3%)00
消化不良001(3%)
血液およびリンパ系障害001(3%)
貧血001(3%)

国内長期投与臨床試験(52週間長期投与)での副作用について

ザガーロ0.5mgが投与された症例数120例中20例(17%)に臨床検査値異常を含む副作用が報告された。

主要な副作用は、勃起不全(ED)13例(11%)、性欲の減退10例(8%)、射精の障害5例(4%)、性機能の不全4例(3%)が確認された。

対象:20~50歳の日本人の男性型脱毛症(AGA)患者120人

目的:ザガーロ0.5mgを1日1回、52週間経口投与した際の安全性と有効性検証した。

副作用発現症例数(発現率)
生殖系および乳房障害17 (14%)
勃起不全13 (11%)
射精障害5 (4%)
性機能不全4 (3%)
逆行性射精症1 (1%未満)
精神障害11 (9%)
リビドー減退(性欲減退)10 (8%)
抑うつ気分1 (1%未満)
自殺念慮1 (1%未満)
神経系障害2 (2%)
頭痛1 (1%未満)
感覚障害1 (1%未満)
一般・全身障害および投与部位の状態1 (1%未満)
疲労1 (1%未満)
皮膚および皮下組織障害1 (1%未満)
発疹1 (1%未満)
血管障害1 (1%未満)
高血圧1 (1%未満)

>>>【ザガーロの正しい服用方法と処方