デュタステリドの第Ⅲ相臨床試データについて

こちらで紹介するのはアメリカ皮膚科学会の運営する専門誌である「Journal of the American Academy of Dermatology」を参考にしたデータで公式のホームページで公開された文献になります。

プラセボ(偽薬)、デュタステリド(0.02 mg、0.1 mg、0.5 mg)、フィナステリド 1 mg を健康な成人男性917 人に 12 週、もしくは24 週間服用してもらい1 インチ(直径 2.54 cm)の指定したエリア内で服用前と比べて、どれだけ毛髪が増えたか?毛髪の太さはどうか?を検証している臨床試験の内容になります。

注目すべきポイントは「フィナステリド(プロペシア)」を服用したグループの治験者よりも「デュタステリド(ザガーロ)」を服用していたグループの方増毛し割合が約1.6 倍もあり、毛髪の太さを調べる試験では1.45倍の効果が認められました。

フィナステリド(プロペシア)は、主に薄毛の進行を妨げる役割を持ちますが、デュタステリドは、発毛増加や太い毛の育成について効果が期待できることが認められています。

三越屋バナー

表1 臨床試験対象人数・特性及び対象者の基準値

薬剤成分名プラセボデュタステリド ザガーロフィナステリド プロペシア
用量偽薬0.02mg0.1mg0.5mg1mg
対象人数181人185人188人184人179人
平均年齢38.7歳38.5歳38.7歳38.6歳38.0歳
対象年齢幅20~50歳21~50歳22~50歳20~50歳21~50歳
アジア人
【合計】507人
100人
(55%)
103人
(56%)
103人
(55%)
101人
(55%)
100人
(56%)
ラテンアメリカ人
【合計】361人
72人
(40%)
71人
(38%)
75人
(40%)
73人
(40%)
70人
(39%)
白人9人(5%)11人(6%)10人(5%)10人(5%)9人(5%)
抜け毛が始まった年齢
平均
29.0歳29.9歳28.4歳29.6歳29.8歳
抜け毛が始まった年齢
MIN~MAX
17~49歳12~49歳15~45歳13~47歳16~45歳
現在も脱毛が進行中の人151人152人161人160人154人
基準値 平均 
直径 2.54 cm
761本774本721本768本764本
基準値 平均 
直径 1.13 cm
148本149本140本149本148本

指定範囲内における増毛数の変化について

こちらの表は発毛の増加率に関する表になります。

試験対象者に薬剤を服用する前に、指定したエリア、1インチ(直径 2.54 cm) に生えている直径30μm以上軟ではない髪の毛の本数を数えてから、その平均数を基準値と定めました。

プラセボ(偽薬)、デュタステリド(0.02 mg、0.1 mg、0.5 mg)、フィナステリド 1 mgの各薬剤の服用をし始めてから、 12 週間服用後と 24 週間服用後を比較して基準値から何本髪の毛が増えたのを数え、服用前の割合と服用後の変化の割合を比較したものです。

これがフィナステリド (プロペシア)よりもデュタステリド 0.5 mg(ザガーロ)の方が、発毛する効果が 1.6 倍もあるという根拠です。

プラセボ
偽薬
デュタステリド0.02mgザガーロデュタステリド0.1mgザガーロデュタステリド0.5mgザガーロフィナステリド1mg
プロペシア
平均増減本数【12週間服用】
-4本22.9本59.6本82.3本50.9本
平均増減本数【24週間服用】
-4.9本17.1本63本89.6本56.5本

指定範囲内における毛髪の太さの変化について

こちらの表は毛髪の太さの変化量のリストになります。この測定でもデュタステリド(ザガーロ)の効果の差が確認できるかと思います。

毛髪の太さでは、フィナステリド(プロペシア)と比べて約1.45倍の効果が期待できっされており、健康で太い毛が生えてくることが認められています。

プラセボ(偽薬)デュタステリド0.02mg(ザガーロ)デュタステリド0.1mg(ザガーロ)デュタステリド0.5mg(ザガーロ)フィナステリド1mg(プロペシア)
平均毛幅変化【24週間服用】(×10³μm  ⇒  1mm)
-0.9(×10³μm)0(×10³μm)3.9(×10³μm)5.8(×10³μm)4(×10³μm)

>>>【ザガーロの正しい服用方法と処方