バイアグラはどんな薬なの!?

バイアグラは、1998年2月に米国ファイザー株式会社により世界で初めてED用を治療する薬として販売されました。

有効成分はシルデナフィルで、バイアグラは製品名です。

日本国内では1999年1月に製造販売を厚労省より承認され、1999年3月に発売開始されました。

バイアグラの形状はひし形で、青色のフィルムでコーティングされており、薬剤を割ると中身は白色になっています。

2016年10月には、舌の上で溶かして服用するフィルム型も発売されました。財布などにも入るコンパクトサイズで、持ち歩きに便利なフィルム型は日本国内でも男性達から注目を集めました。

バイアグラは保険適用外の薬に分類されていましたが法律改正によって、不妊治療が保険適用となったことからバイアグラも薬価基準に収載され、2022年4月より「勃起不全による男性不妊」にのみ保険適用となりました。しかし不妊目的以外は、すべて自費診療となります。

正規品バイアグラの写真

下記の画像が日本ファイザー株式会社の正規品バイアグラの写真になります。

以前、ファイザー株式会社から販売されている純正バイアグラ50mgは2錠シートの商品がありましたが、現在は10錠のものしか製造されていません。

純正バイアグラ50mgの写真

販売元がファイザー社からヴィアトリス製薬へ移る

2020年11月に米ファイザー社とジェネリック品メーカーのマイラン社が結合し、新規にヴィアトリス社を設立しました。

これを受け、ファイザー社が製造販売を行っていたほとんどの医薬品がヴィアトリス製薬へ移行されました。

2021年9月よりバイアグラも、製造販売承認及び販売権がヴィアトリス製薬に移されました。

ですので、現在は市場で流通している正規品はファイザー社のものではなく、ヴィアトリス社のロゴ入りのものになっています。

バイアグラの処方価格

バイアグラの平均の値段は下記になります。

バイアグラ 25mg (1錠) 1,300円~1,800円

バイアグラ 50mg (1錠) 1,800円~2,200円

バイアグラ服用の際の注意点

  • 性行為予定の1時間前に服用。(噛み砕いても早く効くことはないのでご注意ください。)
  • 薬の吸収を妨げる可能性がありますので、脂肪分が含まれる飲み物や牛乳などでの服用は避けてください。
  • グレープフルーツを服用前や後に食べると思わぬ副作用が発現するリスクがありますのでお控えください。
  • 作用時間は服用してから約5時間ほどです。(健康状況などにより個人差があります)
  • 硝酸剤などを服用している方は、バイアグラと相性が悪いお薬になりますので使用することはできません。
  • お酒を飲み過ぎると全く効かないこともありますので、アルコールの摂取量には気を付けてください。
  • バイアグラを、次に服用される際は24時間以上間隔をあけてください。

副作用について

バイアグラを服用されると「ほてり」「頭痛」「目の充血」といった副作用が4割くらいの方に起こる事が確認されています。

もしこのような症状が出始めたらバイアグラの効果が出始めたサイン程度だと捉えてください。

万が一、それ以外の副作用が起こった場合はすぐにバイアグラの使用を中止し、近くの医療機関へ相談してください。

副作用が出た場合の対処法

副作用が強い方は、バイアグラの容量を下げることで改善する事があります。

もし100mgのバイアグラを摂取した場合に副作用の症状が出る方は、半分の50mgを服用してください。

50mgの場合は25mgを服用ください。

もしくは、バイアグラを半分に割ってから服用するという方法もあります。

容量を調節していただき、体に合った服用をしてください。

食事は影響するの?

バイアグラ服用前にカロリーが高い食事をすると、腸に脂の膜が張り体内に薬が吸収しにくくなります。

ですので、薬の効果が出始めるのが遅れたり、効果自体も少なくなることがあります。バイアグラの効果を最大限に感じたい方は、食事をする前に服用することを強くおすすめいたします。

バイアグラが効かない理由の大半は!?

バイアグラが効かなかったという方の理由を調べてみると、8割以上の方が、食後に服用していたことがわかっています。

どうしても食後に服用しなければいけない場合は、焼肉、ラーメン、揚げ物などのカロリーが高い食事は避けていただき、比較的あっさりした食事をしてください。

食事から2時間ほどたってからバイアグラを服用するようにしてください。

バイアグラは偶然に発見された!?

1990年代、ファイザー社はイギリスの研究所にてシルデナフィルという成分を使い、狭心症の治療薬の開発をしていました。しかし、成果が見られなかったので途中で試験の中止を決め、治験参加者から予備の治験薬剤の返却を求めました。

しかし、薬を返却をしたくないという人がたくさんいました。不思議に思ったファイザー社がその理由を調べてみると、勃起力を促進させる作用があるためだということが分かりました。

このように、狭心症の治験中に偶然に発見されたのがバイアグラで、歴史上初めての勃起不全用治療薬が発見されました。

ジェネリック(後発品)の登場

ファイザー社が持っていたバイアグラの物質特許が2013年5月に、用途特許が翌年の2014年5月に満期となりました。

これに伴い、各製薬会社から同じ成分を使用したジェネリック製品が発売され、現在では世界中にあるたくさんの会社からジェネリック薬品が発売されています。

いずれも正規品バイアグラより安く、きちんと安全基準をクリアしているので安心してご使用いただけます。

その他の治療薬もご相談ください

現在、当サイトでは正規品バイアグラだけではなく、ジェネリック薬品も多数ご用意しております。

初めて治療薬を検討される方はどれを選べばよいのか悩んでしまうかもしれませんが、それぞれの薬に違いがあるため、効き方も変わりますので当サイトを参考にされてから、お近くの医療機関にご相談下さい。

バイアグラの有効成分はどんなもの

バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」というもので、現在日本国内では、この成分が25mgか50mg含まれている薬のみ流通しています。

 しかし、世界的に見ると100mgまで承認がおりているためでまたファイザー社からは最大100mgの商品を販売しています。

もし150mgや200mgといった高容量の薬を見かけたらそれは絶対に偽物ですので購入しないでください。

有効成分以外に入っているもの

≪結晶セルロース/無水リン酸水素カルシウム/クロスカルメロースナトリウム/ステアリン酸マグネシウム/ヒプロメロース/乳糖水和物/酸化チタン/トリアセチン/青色2号/≫

バイアグラにはシルデナフィル以外にも上記のような添加物が含まれています。

どの成分も医薬品用の添加物として、きちんと厚労省から認められている成分になります。

特に結晶セルロースは植物性の繊維を精製して作られ、粉末のカサを増したり、錠剤を固めたりと、多くの薬剤で使われています。

ジェネリック商品は、バイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルを含みますが、添加物については異なっています。

しかし有効成分が同じなため、効果が大きく変わることはありません。

服用の間隔について

バイアグラは1日1回しか服用できません。1錠服用したら24時間以上は時間をあけてください。

連日服用しても問題はありませんが、この間隔はしっかりと守ってください。

バイアグラの効果はどれくらい?

バイアグラは服用後1時間ほどで効果があらわれます。そして4~5時間ほど持続します。

日本人に行った研究では、バイアグラを服用した地権者たちの約81%の方に勃起不全症状の改善があったと報告されています。

バイアグラには性的刺激が必要

たまに「バイアグラを服用しただけで勃起する」と思っている方がいますが、それは間違いです。

バイアグラは性的な興奮を増やすのではなく、飲んでから性的刺激がなければ機能しません。

つまり、勃起をした時にそれをサポートするためのお薬になります。

しかし、服用したことにより、ずっと勃起し続けたままということはなく、効果は4~5時間ほどになります。

バイアグラの使用期限について

バイアグラの使用期限は、通常、薬剤シート裏側の最上部に記載されています。

使用期限は錠剤が製造されてから約5年ほどとなっており、長期保管が可能となっています。

直射日光を避け常温で保存してください。

女性への効果は?

女性には効果がありません。

血の循環が良くなることにより女性器の神経が敏感になり、性的感度が上がるのでは、という意見もありますが、まだ詳しいことは明らかになっていません。

バイアグラの有効成分はED治療以外にも効果が!

バイアグラに含まれる有効成分の「シルデナフィル」は、「レバチオ」という薬で、難病指定されている「肺動脈性肺高血圧症」の治療薬として日本の厚生労働省から認可されています。

別の薬としても取り扱われている点から、安全性については信頼がおけます。

バイアグラという名前はどこから来たの?

バイアグラの名前の由来の最有力候補は、【VITAL(生き生きとした)】と【NIAGARA(ナイアガラの滝)】の二つの単語を合わせて出来た造語で、「男性の精力がナイアガラの滝のように溢れ出る」といった意味が込められているという説があります。