バイアグラを服用した際の精子や精液への影響について

バイアグラ錠を摂取すると精子や精液に何らかの影響が出るのではないかと考える人がいるかと思いますが、公式の書類(インタビューフォーム)に記載されているように、バイアグラの摂取が精子の数、射精時の精液の量に作用することはありません

またバイアグラを服用することで成分のシルデナフィルが、精液にどれくらい混ざるのかに関しては、海外で行われた臨床試験で投与量に対しての0.0002%未満と明らかになっています。

もし、バイアグラ50mgを摂取した時に精液に混ざる成分量はわずか0.01mg未満ですので、パートナーの身体にも影響を及ぼすことはありません

赤ちゃんを作る時にバイアグラを使用する方もいるかと思いますが、バイアグラが胎児に影響を及ぼすようなこともありませんのでご安心下さい。

ご利用いただいている患者様の中には、子作りの際の周りからのプレッシャーによる中折れ対策のためにバイアグラの服用をされる方も多くいらしゃいます。

また患者様からも、バイアグラの摂取のおかげで無事に可愛い赤ちゃんを授かったというご報告も受けています。

精液に血が混ざってしまうケース

時々、「バイアグラ摂取した後に性行為を行ったら精液に血が混ざっていた」というご相談があります。

これは、血精液症といって、射精時に精子が通過する経路、精嚢や前立腺、尿道に元々、軽度の炎症を起こしていている場合に起こることがあります。

もし、射精時に痛みが無ければ、病院にいく必要はありません。

1~2ヶ月様子を見て頂き、もし症状が続くようであれば精子の通過経路に腫瘍、結石などがある可能性があるので検査を受けるのがよいでしょう。

バイアグラは血管を拡げる作用があるので精子が通過する経路に軽い炎症を起こしている場合に稀に出血を起こすことがあります。

これは自然に治ってしまう事が多い症状です。

海外で行われた臨床試験、精液への移行

【試験概要】

健康な成人男性 16人を対象にバイアグラ100mg を単回経口投与後 1.5 時間後と4 時間後に採取した精液中のシルデナフィル濃度を測定。

【結果】

結果は1.5 時間後のシルデナフィル濃度が51.4ng/mL、4 時間後の濃度が15.5ng/mLであり、血漿中濃度に対して約 18%の濃度であった。

精液から見つかったシルデナフィルの量は投与量に対して0.0002%未満であった。

また精子の運動能力、精子の数や射精量などに変化はみられなかった。

参照元;バイアグラのインタビューフォーム

(医療関係者向けの医薬品の詳細が書かれた書類)

☑シルデナフィルの精液中への移行
血漿中精液中
Tmax
(hr)
Cmax
(ng/mL)
AUC6
(ng・hr/mL)
1.5hr
濃度(ng/mL)
4.0hr 濃度(ng/mL)移行量(ng)
1.5hr
シルデナフィル1.40±0.49331±116841±29351.4±30.115.5±5.6188±146

☑精子運動能、もしくは精液分析パラメータに及ぼす影響
精子運動量
運動%静止%急速%緩徐%緩徐運動速度
(μm/sec)
頭部側方移動
平均値(μm)
-0.1
(-5.2, 5.0)
0.1
(-5.0, 5.2)
-2.6
(-6.4, 1.3)
-1.5
(-4.5, 1.5)
-0.70
(-1.61, 0.20)
-0.04
(-0.16, 0.08)