フィンペシアについて

フィンペシアとは、インドのムンバイに拠点を置き、製薬会社として80年以上の歴史をもつシプラ社(Cipla Limited)が製造販売するAGAの治療薬です。

有効成分はプロペシアと同じフィナステリです。

シプラ社は1935年創立され、現在では高度な剤形製造技術が世界的に評価されています。

これまで抗癌剤、抗生物質、呼吸器を中心に1,500種類以上の薬を世界150カ国以上で販売してきた実績があります。

2012年時点の売上高1,700億円、従業員数も20,000人以上を抱え、成長を続けてきました。

現在ではインド人であればだれでも知っているような国内でも3~4番手の大きな製薬会社です。

フィンペシアは先発品のプロペシアの特許満了を迎える前からインド国内で販売されていたため、なぜ同じ効能の薬剤のジェネリックが発売されていたのか?という疑問を持つ方がいらっしゃるかと思います。

これはインドでは特許法について欧米や日本とは異なる政策をとっており、成分特許という概念がなかったためインド国内では新薬のジェネリック品をすぐに開発できたという背景があります。

ですので、新薬の特許を満了する前に同じ成分の後発品の製造販売がインド国内で出来たのです。

フィンペシアですが、日本国内では個人輸入をして手にいれるしか方法がありません。

しかし、とても人気の商品となっています。

それは、国内の医療機関でプロペシアの処方を受けると薬の値段だけで1錠あたり約250円ですがフィンペンシアですと1錠25円くらいまでコストが抑えられるからです。

値段が国産よりも10分の1程度まで安くなるので、個人輸入をしても購入されたい方が多いです。

フィンペシアを国内から入手するに一般の方でも医療関係者でも、海外から個人輸入に頼るしか方法がありません。

最近では薬の個人輸入をした際に「関東信越厚生局にて薬監証明」が発給される事で「厚労省から認められている」などと自発的に書き、品質が安全であるかのように見せている、見せかけだけの悪質なAGAクリニックもあるようです。

この関東信越厚生から発給される薬監証明というのは、海外からの荷物の通関時に担当事務員が必要書類を確認して”厚生労働省確認済”という印鑑を押すだけの事務手続きになりますので、薬の正規品の証明ではないことをご理解ください。

AGA治療薬は偽造品も多く、個人輸入はもちろんのこと国内のクリニックからの処方であっても危険です。

もし個人輸入される場合は、品質管理などをきちんと行っている必ず信用のおける個人輸入業者から購入ください。

商品名:フィンペシア(finpecia)
製造元:シプラ社(Cipla Limited)
主成分:フィナステリド
効 果:プロペシアとほぼ同じとされている

三越屋バナー

フィンペシアの注意点

大手国内製薬会社4社合同により2016年に行われたED治療薬の偽物調査では個人輸入した薬の約4割が偽物であったという調査結果報告されています。

フィンペシアを入手する行為は自身の身体に危険を及ぼす可能性があります。

ですので、フィンペシアを個人輸入する際は信頼のおける個人輸入業者から購入をしてください。

当サイトで紹介している輸入業者は、海外できちんとライセンスも取得しており品質管理などもきちんと行っておりますので安心してご購入できます。

>>【フィンペンシアの詳細はこちらから