沢井製薬のレビトラ錠ジェネリック医薬品とは

沢井製薬で製造されているバルデナフィル錠「サワイ」は、レビトラと同じ有効成分のバルデナフィルを含む勃起不全の治療薬です。

2020年6月に製造販売の承認を厚生労働省から取得し、翌月7月より発売開始されました。

容量はバルデナフィルを10mg含有している錠剤と倍量の20mg含有の錠剤があります。

外見はオレンジ色でフィルムコーティングされているだ円形の錠剤です。

レビトラと同じく水に溶けやすいという性質を持っていて、そのため即効性があり、食事の影響を受けにくいとされています。

だ円形で、半分に割り易いように割線が入っているので20mgを割って10mgにして容量を調節したい方にはとても便利です。

ただし、割る時にはよく手を洗い、十分に乾かしてから割錠下さい。

薬が水分を吸ってしまうと、劣化してしまう原因になりますのでお気を付けください。

レビトラ錠との違い

バルデナフィル錠「サワイ」の一番の特徴は薬に入っている割線です。

先発品のレビトラ錠は円形で割線は入っていないため、カッターなどを使用し薬剤を切って頂く必要があります。

大きさの違いは下記になります。

●レトビア錠
レビトラ10mg【直径7.0mm・厚さ約3.0mm】
レビトラ20mg【直径8.0mm・厚さ約3.3mm】

●バルデナフィル錠「サワイ」
バルデナフィル錠10mg【長径8.5mm・短径4.5mm・厚さ約3.0mm】
バルデナフィル錠20mg【長径11.1mm・短径5.8mm・厚さ約3.6mm】

バイアグラ錠50mgの長径が11.3mmですので、20mgの「サワイ」ですと
大きさはあまり変わらないかと思います。容量が少ないと大きさが小さくなります。

バルデナフィル錠を1錠投与時に測定したデータ
薬剤Cmax
(ng/mL)
Tmax
(hr)
T1/2
(hr)
AUC0-15hr
(ng・hr/mL)
バルデナフィル錠20mg「サワイ」35.74±14.720.8±0.63.2±0.674.37±26.19
レビトラ錠20mg35.74±16.840.7±0.63.3±0.872.83±27.68

処方価格

バルデナフィル錠処方単位価格(税込)
バルデナフィル錠10mg「サワイ」
1錠1,300円
バルデナフィル錠20mg「サワイ」1錠1,500円

沢井製薬株式会社について

●1929年に創業

●1948年に澤井製薬株式会社(現 沢井製薬株式会社)を設立

●2003年には東京証券取引所市場第1部に上場

2022年現在、国内のジェネリック医薬品業界では大手の医薬品製造メーカーです

使用期限について

バルデナフィル錠「サワイ」の使用期限は製造から3年です。

使用期限は箱の側面にしか表示されていないため、シートだけで処方された場合は必ず使用期限を確認してください。

☑PTPから取り出した場合の使用期限

PTPシートから取り出した場合の使用期限ですが、
基本的に極端に湿度や温度の高い場所に置いておかなければPTPシートから取り出したり錠剤を割った後でも3ヶ月のほどは問題ないです。

また半分に割った場合は、沢井製薬が公式的に公表している製品情報にある「分割後の安定性試験」の中で、バルデナフィル錠20mgを半分に割った後の薬剤の変化について調べた結果が記載されております。

イニシャル温度40℃
遮光3ヶ月
湿度
25℃75%RH
遮光3ヶ月
総照射量
120万lx/hr
室温
25℃60%RH
遮光3ヶ月
表面淡黄赤色変化なし変化なし変化なし変化なし
分割面淡黄色変化なし変化なし変化なし変化なし
純度試験問題なし問題なし問題なし問題なし問題なし
定量試験100.099.399.198.0100.1