バイアグラを個人輸入しても危なくないの?

バイアグラは誰でも知っている世界的に有名な薬です。

日本では1999年から医療機関で処方されています。

しかし、日本国内では厚労省の認可を得て発売されているバイアグラは25mgと50mgの小容量だけになっています。

海外では日本の倍量の100mgまで承認されています。


つまり、より勃起不全の改善効果が期待される100mgのバイアグラを手に入れるには海外より個人輸入する方法しかないという事です。

ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで「バイアグラ100mg」と検索すると、海外の個人輸入代行業者でバイアグラの100mgを扱っているECサイトがたくさん表示されるかと思います。

日本の医療機関だとバイアグラ50mgは1錠が約1,800円~2,200円になっていますので、その有効成分の量が2倍であるバイアグラ100mgは少なくとも3,500円分以上の価値があると考えられます。

海外の個人輸入のサイトではバイアグラ100mgが1錠1,500円ほどで購入できるので、値段的にかなりお得となっております。

クリニックでバイアグラを処方される場合は、クリニックに行く時間を確保しなければいけませんし、お薬の費用、診療費、初診料、交通費など諸々と費用が掛かり、バイアグラ1錠の処方だけでもかなり高額になってしまいます。

また患者さんが多ければ診療前に長時間待たされたりと、かなりの手間がかかることが予想されます。

そのような煩わしい手間を省き安く品質の高いバイアグラを安心して購入できる個人輸入代行を使っていただくのがおススメです。

しかも、当サイトで扱っているのは大手製薬会社の製品のみになりますので、国内や米国で生産されているものと同じ有効成分の正規品のバイアグラになります。

世界中での販売実績もあります。

正規品バイアグラの画像

下の画像が日本国内で流通しているヴィアトリス製薬の純正バイアグラの写真です。

バイアグラの偽物には注意!

バイアグラは海外でも100mgまでしか認可がおりていません。

もし、輸入代行サイトなどで100mg以上のものを見つけたらそれは偽物ですので購入しないようにしてください。

個人輸入代行サイトも、色々とありますので信頼できるサイトを見つけていただくのがおススメです。

偽造バイアグラが作られている悪質な環境

ニセモノのバイアグラは世界中で製造されています。

現在までに世界60ヶ国でニセモノが発見されています。

製造されている現場は、不衛生な場所であったり、ビニール袋などに入れられて送られたり、工場ではなくアパートの一室などの品質管理がなされていない場所であったりと、劣悪な環境で製造されていることが報告されています。ですので、

きちんと品質管理をしている個人輸入代行業者から購入することをお勧めいたします。