バイアグラのジェネリックとは

バイアグラのジェネリックとは、ヴィアトリス株式会社のバイアグラ以外で「シルデナフィル」を有効成分としたED治療薬のことをいいます。

バイアグラの後発品とも言います。

日本国内ではレビトラ錠のジェネリック「バルデナフィル錠」、シアリス錠のジェネリック「タダラフィル錠CI」なども厚生労働省から製造販売認定を取得して販売されています。

バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」は、難病指定されている肺動脈性肺高血圧症の治療薬、レバチオ錠の有効成分としても厚労省から承認を得ています。

「ジェネリック(後発医薬品)」ってなに?

最初に発売された新薬には通常、特許が取得されていて、特許期間中は同じ有効成分を使って同じ効き目の薬品を製造することは禁じられています。

しかしその特許期間が満了すると、他の製薬会社も同じ有効成分で同じ効果効能の医薬品が発売できるようになります。

それを、後発品もしくはジェネリック医薬品といいます。

新薬を世に出す際には、通常10~15年という長い開発期間と、150~200億円といわれる開発費用がかかります。

新しい物質を発見するところから始め、動物での試験、ヒトでの臨床試験など、たくさんの研究・実験、承認審査が必要になります。

新薬を開発するには莫大な費用と時間がかかるため元手を回収しなければいけないのと、利益を出さなくては会社として成り立っていかない為です。

そのため、新薬を開発した企業にはある一定期間、特許期間を設けて「有効成分や製造方法、効果効能」を独占できるように定められています。

一方でジェネリック薬品は、薬の成分や品質が新薬と同等であることを証明するテストだけをクリアすればよいため、時間も費用も新薬開発と比べればかかりません。

この開発費用の差が、薬の値段の差となります。先発品に比べ40%~80%ほどの値段で処方できるため、患者さんの医療費の軽減に役立っています。

「ジェネリック医薬品」の安全性はどうなの?

バイアグラより安いジェネリック医薬品ですが、安全性に問題はないのかと疑問に思う方がいらっしゃるかと思います。

当サイトではバイアグラジェネリックを2014年から販売しており、今までたくさんのお客様へ販売した実績がありますが、効果や安全性に問題は見られませんでした。

また、ジェネリックはバイアグラより値段が安く処方が可能ですので、まだ試したことの無い方は是非試されてはいかがでしょうか?

ジェネリックを製造する際に厚生労働省の定める「後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン」に従った試験をクリアしないと製造・販売承認を得ることはできません。

つまり、承認を取得できている時点でバイアグラと同等の効き目があることが認められているということになります。

ジェネリックをどう選択すればいいの?

ジェネリックを選ぶ際にどのように選んだらいいのか悩んでしまう方がいらっしゃるかと思います。下記が選び方の目安になります。

効き目で選ぶ

ジェネリック医薬品は有効成分の質と量は同じですが、薬剤に入っている添加物は異なります。

効き目に多少の個人差が出てくる場合がありますので、飲み比べていただき、一番しっくりくるものを見つけていただくのがおススメです。

特徴で選ぶ

バイアグラは錠剤の他に、舌の上で溶かして服用するフィルム状のバイアグラODフィルムが発売されています。

こちらは、コンパクトサイズで財布にコッソリと入れておくことができ、他のジェネリックと値段も同じなので人気があります。