タダラフィルについて

タダラフィルはPDE5阻害薬で、勃起不全用の治療薬であるシアリス錠、前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善するザルティア錠、肺動脈性肺高血圧症治療薬(PAH)のアドシルカ錠の有効成分です。

上記の3剤は同一の有効成分ですが、異なる3つの効果で厚生労働省に承認を得て販売されているお薬です。

なお、バイアグラなど他のED治療薬と錠と比べて長い時間作用するのも特長の一つです。

一般名タダラフィル(JAN)
Tadalafil
分子式C22H19N3O4
性 状白色の粉末である。ジメチルスルホキシドに溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。
構造式

シアリス錠の有効成分

ED治療薬としての使用

性的刺激を受けることで脳の中の神経が興奮し、脊髄神経を通り興奮が陰茎に伝達されます。

すると一酸化窒素が分泌されることで陰茎の血管を拡げさせ、陰茎海綿体の筋肉が緩み海綿体へ血液が多く流れ勃起します。

タダラフィルは勃起を抑圧するPDE-5を阻害するので勃起維持のサポートをするのです。

日本国内では先発品の特許満了を迎え、8社から国産のジェネリック医薬品としてタダラフィル錠が販売されています。

>>【シアリスとは

ザルティア錠の有効成分

前立腺肥大症の排尿障害の改善薬としての使用

前立腺は男性の膀胱の真下にあり尿道を取り囲んでいます。栗と同じ大きさですが、加齢や生活習慣病が原因で、前立腺肥大症という前立腺が大きくなる病気になり、尿道を圧迫して尿の出が悪くなったり、残尿感や頻尿といった症状を引き起こします。

タダラフィルは、PDE5を阻害することにより血管平滑筋を緩ませ、血流や酸素供給量を促し、障害を受けた尿路組織構造の修復をすすめます。

そして、下部尿路症状が改善する仕組みになっています。

こちらの薬も先発品の特許満了し、現在10社から国産の正規ジェネリック医薬品としてタダラフィル錠2.5mg/5mgZAが発売されています。

アドシルカ錠の有効成分

肺動脈性肺高血圧症治療薬

肺動脈性肺高血圧症は、心臓から肺に血液を送る肺動脈末梢の小動脈が狭くなり血液が通りにくくなった結果、肺動脈の血圧が高くなる疾患です。

肺への血液循環が悪くなると、酸素の量が減り、呼吸困難などの症状を引き起こします。

重症化すると心不全を引き起こす疾患です。


タダラフィルは、PDE5の阻害することで、血管を拡張させる作用が増強されるため、肺への血液の流れを改善させます。
現在は4社から国産の正規ジェネリック医薬品が販売されています。

タダラフィル製剤3剤について

製造販売承認日薬剤名シアリス錠ザルティア錠アドシルカ錠
成分タダラフィル
含量5mg、10mg、20mg2.5mg,5mg20mg
性状・剤形くすんだ黄色淡橙黄色赤褐色
添加物1乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、トリアセチン、タルク
添加物2黄色三二酸化鉄黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄
製造販売承認日2007/7/312014/1/172009/10/16
発売年月日2007/9/122014/4/172009/12/11
ジェネリック特許満了により各社から発売
効果・効能
勃起不全前立腺肥大症に伴う排尿障害肺動脈性肺高血圧症
併用禁忌硝酸剤及びNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)・sGC刺激剤(リオシグアト:アデムパス)・グレープフルーツ
用法・用量性行為の約1時間前に経口投与。10mgの投与で十分な効果が得られない場合は、20mgに増量することができる。通常、成人には1日1回タダラフィルとして5mgを経口投与通常、成人には1日1回タダラフィルとして40mgを経口投与