当院で処方するレビトラの使用期限

レビトラの使用期限はレビトラ10mg、20mgともに製造されてから3年です。
2021年10月に製造発売会社であるドイツ・バイエル薬品がレトビアの販売中止をアナウンスしました。

これにより現在、国内ではレビトラ錠は在庫切れとなっている医療機関がほとんどかと思われます。

仮に在庫があったとしても現在日本国内で正規流通しているレビトラ錠の使用期限は20mgが2022年10月まで、10mgが2022年11月までのものしか存在しませんので、必ず使用期限を確認してください。

PTPシート上にはどこにも使用期限が書かれていません。

使用期限の確認方法

レトビアの箱の側面に使用期限が書かれています。

PTPシートの場合、2012年以前のレトビアは1錠ずつ使用期限がはっきり明示されていたのですが、10錠のPTPシートに切り替わってからはシート上にはどこにも使用期限が書かれていません。

ですので、処方された時に、正確な使用期限を確認しておくことが大切です

>>>【バイアグラの使用期限についてはこちら

PTP シートから取り出した時の使用期限

まれに患者様でもPTPから取り出し、ピルケースなどで薬を管理している方がいらっしゃいます。

PTPシートから取り出してしまった場合、レビトラの使用期限の目安は約1~2年ほどになります。

ただこれは、高温多湿と直射日光を避けて保管した場合になります。

海外ではレビトラは、シートにはいっていない剥き出しになった錠剤がボトルに入った状態で販売されているため、PTPシートから出しても、保管の条件さえしっかりしていれば使用期限は長いということが分かります。

ただレトビアは水に溶けやすいという性質があるためPTPシートから錠剤を取り出して保管する場合は注意点があります。

●ケースから錠剤を取り出す際も濡れた手で取り扱わない。

●取り出した日時がわかるようにケースに明記する。

●直射日光を避け、高温多湿な場所に置かない。

●開封後は早めに使用する。

レビトラを半分に割った時の使用期限

容量を調節したい時などにシートから取り出して、なおかつ半分に割った場合はなるべく早めに薬剤を使用してください。

レビトラの特徴として水に溶けやすいという性質があり、オレンジ色のコーティング剤で中身を守っています。

割ってしまうとコーティング剤から中身が守られなくなり湿気を吸いやすくなり、どんどんと劣化していきます

レビトラは、バイアグラやシアリスと比べて硬くできております。水に溶けやすい特質を持つレビトラは、湿気を吸いやすいため薬を製造する際に、意図的に措置側を硬くしていると思われます。

ピルカッターなどを使って薬をカットしようとしても、他のED治療薬と比べてレビトラだけはなかなか切れません。

ですので、基本的にはレビトラは割って使用することはお勧めできません

もしも容量が多く割って使用する場合は、なるべく早く使用することをおすすめします。

割った後は夏場で2~3日、冬場で1週間くらいの使用期限とお考え下さい。(あくまでこれは目安です)

※いつ割ったのかわからないようなレビトラは危険ですので絶対に服用しないでください。