食事の影響

「レビトラは食事の影響が全くない」と思っている方がいらっしゃいますが、実際は食事の影響を受けます

食事の内容には制限があり、脂質の高い食事脂っこい食事を服用前にしてしまうと効果が半減してしまう場合があります。

製造・販売元のバイエル薬品の提供する公式的な資料には「標準的な食事の影響は受けない」と明示してあり「総エネルギーの脂肪の割合は30%」とだけ書いてあります。

これだけでは意味が分からないので、具体的にはどういうものなのかを詳しく説明していきたいと思います。

「標準的な食事」という意味は、栄養学的に言うとカロリーが700kcalで脂肪は30%以内ということになります。

つまり栄養学的に計算すると、カロリーが700kcal未満で脂質が23.3グラム以下の食事であれば食事の影響を受けないということです。

●すき家の牛丼並盛り:733Kcal(脂質:25.0g)・・・・・・・・×

●幸楽苑の中華そば(スープ含め):699Kcal(脂質:21.9g)・・・○

●吉野家の牛丼並盛り:635Kcal(脂質:20.4g)・・・・・・・・○

●マクドナルドのビッグマック:525Kcal(脂質:28.3g)・・・・×

また食後にレビトラの服用をすすめない理由として、レビトラの有効成分は服用後、小腸で体内に吸収されます

しかし、脂質が多い食べ物を食べてしまうと、脂分が腸に膜を張ってしまい成分の吸収を妨げて効果が減ってしまうのです

このことから、薬の効果を引き出したい方は空腹時に服用した方が体内への吸収がよくなるという事が言えます。

食後にレビトラ錠を服用する場合

もし食後に服用しないといけない場合は、食事の内容をなるべく軽いものにして、2時間程度、時間を設けることで薬の効果は引き出せます。

またカロリーの高い食事をしてしまった後に、やむを得なくレトビア錠を使用しないといけない場合は、普段よりも用量を増やすというのも対策になります。

例えば普段10mgを常用している方でしたら、倍量の20mgを試してみるというようなことです。

食事の影響に関する文献

バイエル薬品の資料には、健康な成人男性25人を対象とし"高脂肪の朝食"を摂取した後と空腹時で服用したときの違いを比較する食事の影響に関する実験を行った結果を記載してあります。

食後の結果は、空腹時と比べて最高血漿中濃度は2割ほど低下していました

また、最高血漿中濃度到達時間は空腹時は1時間後でしたが、食後の場合は2時間後と1時間の遅れが生じましたと書かれています。

このことから、高脂質の食事を薬の摂取前にしてしまうと効き目が落ちてしまうだけでなく、効果が出る時間も遅くなってしまうことが分かります。

投与方法AUCCmaxTmax t1/2
空腹時51.97(72)14.22(70)1.00(0.50~3.00)3.9(66)
食後59.12(56)13.04(66)1.00(0.50~4.00)3.8(39)


Tmax:最高血漿中濃度到達時間
Cmax:最高血漿中濃度
AUClast:0時間から最終定量可能時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積
AUC∞:0時間から無限大時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積
T1/2:消失半減期(血漿中濃度半減期)


レビトラの効き方の詳細

☑単回投与のケース

【実験詳細】

日本人の健康的な成人男性18人を対象に、バルデナフィル10mg、20mg及び40mg を空腹時に1回のみ投与した。

【結果】

血漿中のバルデナフィル濃度は投与後0.75時間に一番高くなった。その後約3.2~5.3時間で血漿中濃度は最高濃度時の半分となり速やかに消えた。

つまり、服用後0.75時間に一番薬の効果が現れ、3.2~5.3時間後に効果が切れたという事になります。

投与量
AUCCmaxTmaxt1/2
10mg20.94(1.72)10.05(1.86)0.75(0.50~1.00)3.19(1.08)
20mg44.14(1.39)18.35(1.29)0.75(0.50~1.00)3.98(1.46)
40mg137.73(1.72)51.71(1.86)0.75(0.75~3.00)5.33(1.20)

AUC:血漿中濃度-時間曲線下面積(体内への薬物総吸収量の指標)
Cmax:最高血漿中濃度
Tmax:最高血漿中濃度到達時間
T1/2:消失半減期(血漿中濃度半減期)

吸収・代謝・排泄(外国人を対象としたデータ)

吸収:バイオアベイラビリティ (人体に投与された薬物のうち、どれだけの量が全身に循環するのかを示す指標)は14.5%
代謝部位:肝臓及び小腸
排泄経路:糞
健康成人男子にバルデナフィル33mgを単回経口投与した場合、約93%が投与後168時間までの糞中に排泄された。

これから分かることは一週間以内に90パーセント以上のバルデナフィルが体から排泄されるという事です。