泌尿器の病気とEDの関係について

泌尿器の病気の中でも、勃起不全と深く関係があるのが、「包茎」「前立腺の病気」の2種類です。

「前立腺肥大症」を含めた前立腺の病気は、年齢を重ねることによって男性なら誰もが経験する病気です。

しかし、この前立腺の病気が、勃起不全を引き起こす原因になっている事が明らかになってきています。

治療の一環として手術をするときなどに骨盤の勃起に関わる神経が傷ついてしまうと、後遺症としてEDが発現するという場合が見受けられます。

そしてもう一つの泌尿器の病気で、勃起障害と深い関係があるのが、「包茎」です。

包茎の場合、物理的にEDを引き起こしてしまう可能性と、包茎である自分の性器をコンプレックスに思い、セックスに対して不安がつきまとうことが主な原因となってきます。

三越屋バナー

前立腺肥大症とEDの関係について

「前立腺肥大症」は、通常は栗の大きさほどの前立腺が肥大し通常よりも大きくなってしまうという病気です。

40歳を超えてから症状が始まり、軽度ものも含めると、60代の日本人男性の中では約6割、80歳以上では8割以上の人に見られる病気とされ、泌尿器の病気の中でも患者が特に多いのが特徴です。

前立腺は、泌尿器としての機能以外にも精液を構成する「前立腺液」を分泌する機能も果たしています。

そのため、生殖に適した年齢を過ぎると、だんだんと小さくなっていくのが通でした。

しかし、現在では栄養状態が改善された為なのか、逆に年を重ねていくことに肥大化する男性が増加しています。

前立腺の中には、尿道が通っているため、肥大化してしまうと、中を通る尿道が圧迫さてしまいます。

結果、排尿障害が出るようになります。

重症化してしまうと、尿が出なくなってしまう「尿閉」が発現することもあります。

このような症状を「下部尿路症状(LUTS)」呼びます。

以前は「勃起障害」と「前立腺肥大症」には、因果関係はないとされてきましたが、前立腺肥大症の治療を受けることによって、結果的に勃起障害が改善するケースも多いことから現在では「前立腺肥大症」は勃起障害を起こす要因であると考えられるようになってきました。

原因として、前立腺肥大症によって骨盤内に流れ込む血流が減少するためではないかと考えられていますが、未だ明らかになっていません。

※バイアグラなどのED治療薬は陰茎海綿体への血流を改善する作用がありますので、前立腺肥大から引き起こされた勃起障害の症状にも高い効果が期待できます。

前立腺がんとEDの関係について

前立腺がんの場合、尿道から離れた部位のため、前立腺肥大症と比べて排尿障害やEDなどの症状が出にくい特徴があり、直接的な原因にはならないとされています。

しかしながら、前立腺がんの手術を受ける際に、勃起に関わる神経を損傷してしまうケースは多くリポートされています。

骨盤内には、臓器や血管、神経が複雑に構成されており、勃起に必要な神経も前立腺の近く存在します。

ですので、前立腺の病気などで手術する際に、神経が傷ついたり、断絶されたりなどして、後遺症として勃起不全が残ってしまう場合もあるのです。

これは前立腺がんだけに限らず、他の病気の手術をしたときにも同じこと言えます。

骨盤内の手術をする際は、医師がたとえ細心の注意を払っても、神経を傷つけてしまうこともあり、実際は術後まで後遺症が残るかどうかが分かりません。

また、逆に神経を温存しながら手術を行っても、術後に勃起機能が何らかの理由で回復しないケースも多く見受けられます。

しかし、そこであきらめてはいけません。なぜならば、2年程の時間をかけて、ゆっくりと勃起機能が改善していケースも報告されるからです。

神経の断絶などが原因でPDE5阻害薬を使用しても結果が出ない場合は、次のステップとして「陰茎海綿体注射(ICI)」の治療に進むことになります。

生活習慣病による下部尿路症状とEDの関係について

「下部尿路症状」などの前立腺肥大症の原因以外にも、EDと関連することがあります。

一般的には、排尿障害がある場合は勃起障害を併発する可能性が高くなります。

その原因として、生活習慣病が関わっている可能性が高いとされています。

糖尿病や高血圧、脂質異常症にかかっている人ほど、下部尿路症状が生じやすいとする報告があります。

糖尿病では、「多飲多尿」を引き起こす事が知られていて、血液中の糖分を排出しようと、体が水分を飲んで、尿として排出しようとするからです。


また糖尿病が進行して、神経ダメージをもたらすようになると、排尿に関するトラブル現れてきます。

1度の排尿で出し切ることができなくなり、残尿感が続くため自然と頻尿にもなります。

生活習慣病と泌尿器には深い関わりがありますが、もともと生活習慣病はEDを引き起こす原因となっています。

どの病気も血管にダメージを与え、血流を悪くします。