腎臓病とEDの関係について

腎臓の機能が低下すると、老廃物の排出が出来なくなってしまいます。

症状が悪化すると、人工的に排出するために「透析」をおこなう必要がありますが、透析を受けている患者の方では、約半分以上の方がEDを発症しているともいわれています。

年齢に応じて発症頻度も高くなり、60代で透析をしている患者の中では、約80パーセント近くが勃起障害の症状を併発しているというリポートもあります。

腎臓病が原因のEDについて

慢性腎臓病は、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドローム、加齢など様々な原因で発症や病状が進行します。

しかし、自覚症状は、病状が進行するまで気付かないのが一般的です。

病状が進行すると最終的には末期腎不全となり、人工透析が必要になります。

人工透析を受ける段階になると、腎臓が担っていた役割が停止してしまうため、血管障害や神経障害などの症状が発現します。

これらが複雑に絡み合って、勃起障害を併発すると考えられます。

三越屋バナー
動脈硬化による血流障害について

慢性腎臓病は進行してしまうと、十分な血液のろ過が出来ず、不要な成分が血液中に過剰となることや、血圧のコントロールが悪くなることなどによって、血管壁にダメージを受けやすくなり、動脈硬化が起こりやすくなります。

そして、EDの発症につながります。

自律神経機能障害

末期腎不全になると、自律神経の機能にも障害が起こります。

自律神経は勃起を起こす重要な役割を果たすことから勃起不全につながる要因になります。

ホルモン分泌障害について

透析を受けている患者様の中では、勃起に必要な男性ホルモンである、血中テストステロンの値が低下していることが報告されています。

さらに、プロラクチンというホルモンが低下するために「高プロラクチン血症」が見られ、ホルモンバランスの乱れが勃起不全を引き起こす原因になります。

腎性貧血(一酸化窒素の合成障害)

慢性腎臓病の患者様には、貧血の症状が多く見られます。極端に強い貧血の場合には海綿体も低酸素状態となり、一酸化窒素を生成する機能が低下します。

エリスロポエチンなどの薬を使用しながら貧血を解消し、必要に応じてバイアグラなどの PDE5 阻害を使用することによって、血管の拡張を促すことで勃起不全の症状が大きく改善することが期待出来ます。

血流障害について

末期腎不全では、老廃物の排出が不可能になり、様々な臓器の血行障害が発生することから、陰茎の海綿体への血液の流入も妨げられ、勃起障害につながることが多いです。

PDE5 阻害薬の使用について

慢性腎不全の方もバイアグラなどのPDE5 阻害薬を服可能です。ただし、制限が設けられていますので、担当医に相談が必要です。

重度の腎障害ではバイアグラとシアリスは、経過を慎重に観察した上で服用が可能とされていますが、レビトラは使用不可とされています。

腎臓病の状態によっては、服用量の設定に十分な注が必要です。

慢性腎不全の方が PDE5 阻害薬を服用した場合、薬を代謝するための機能が低下しているために、健康な方と比べて血中濃度が上昇しやすくなります。

まずは少量から投与を開始し様子を見ていくことが不可欠です。

ED治療薬を服用される際には、透析を受けていることを、医師に必ず伝えきちんと相談をすることが重要です。