高血圧について

高血圧症「血圧が正常範囲を超えている状態」が続く疾患であり、加齢によって発生する割合が高くなる病気です。


2017年に行われた厚生労働省によって行われた調査によると、日本国内の高血圧の患者数は合計796万いると想定され、男女比の割合が男性431万3,000人、女性564万3,000人とされています。

2014年に実施した同じ調査と比較してみると17万ほど減少しています。

高血圧の診断基準

「高血圧治療ガイドライン2019」では、血圧に関して段階別けをして診断し、医師が最適な治療方法を選択することになっています

※一般的に収縮期血圧(最高血圧)が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上(最低血圧)あるときに高血圧と判断されます。

分類診察室で計測家庭内で計測
正常血圧「最高血圧:120mmHg未満」かつ
「最低血圧:80mmHg未満」
「最高血圧:115mmHg未満」かつ
「最低血圧:75mmHg未満」
正常高値血圧「最高血圧:120~129mmHg」かつ
「最低血圧:80mmHg未満」
「最高血圧:115~124mmHg」かつ
「最低血圧:75mmHg未満」
高値血圧「最高血圧:130~139mmHg」かつ/または
「最低血圧:80~89mmHg」
「最高血圧:125~134mmHg」かつ/または
「最低血圧:75~84mmHg」
I度高血圧「最高血圧:140~159mmHg」かつ/または
「最低血圧:90~99mmHg」
「最高血圧:135~144mmHg」かつ/または
「最低血圧:85~89mmHg」
II度高血圧「最高血圧:160~179mmHg」かつ/または
「最低血圧 100~109mmHg」
「最高血圧:145~159mmHg」かつ/または
「最低血圧 90~99mmHg」
III度高血圧「最高血圧:180mmHg以上」かつ/または
「最低血圧:110mmHg以上」
「最高血圧:160mmHg以上」かつ/または
「最低血圧:100mmHg以上」
(孤立性)収縮期高血圧「最高血圧:140mmHg以上」かつ
「最低血圧:90mmHg未満」
「最高血圧:135mmHg以上」かつ
「最低血圧:85mmHg未満」
三越屋バナー

高血圧と勃起不全の関連性について

高血圧とEDの関係性を調査した調査によると、血圧が高いとEDのリスクは高まることが明らかになりました。

期間:2021年5月7日~9日
調査方法:インターネットでのアンケート

調査対象:日本全国の40~79歳の男性 合計4,000人

  • EDではない:性交に十分な勃起ができて維持することもできる
  • 軽度のED:ほとんどの場合、十分な勃起ができて維持することもできる
  • 中等度のED:時々、性交に十分な勃起ができて維持することもできる
  • 重度のED:いつも性交に十分な勃起や維持ができない
EDではない軽度ED中等度ED重度ED合計
正常血圧579 (59.3%)201 (20.6%)117 (12.0%)79 (8.1%)976 (100%)
正常高値血圧543 (52.2%)217 (20.9%)154 (14.8%)127 (12.2%)1,041 (100%)
高値血圧463 (45.17%)215 (21.0%)191 (18.6%)156 (15.2%)1,025 (100%)
最高血圧:140mmHg以上
かつ/または
最低血圧:90mmHg以上
298 (37.6%)182 (23.0%)156 (19.7%)156 (19.7%)792 (100%)
不明89 (37.6%)26 (15.6%)18 (10.8%)33 (19.9%)166 (100%)

血圧をコントロールするための高血圧治療薬について

高血圧症に対してよく使用される薬として、「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」、「利尿薬」、「カルシウム拮抗薬」などがあります。

利尿薬とカルシウム拮抗薬

血圧血管と血液の量で決まります

水流が多かったり血管が細ければ圧力は、必然的に高くなります

反対に太い血管の中に少量の血液が流れる場合は圧力が低くなるという仕組みです。

「利尿薬」は流れる血液の量を減らす作用がある薬です。

一方、「カルシウム拮抗薬」血管拡張する事で血圧の上昇を抑える降圧剤です。

「利尿薬」は腎臓から体外へ水分の排泄を補助する効果があり、その作用で高血圧を治療する役割を担います。

アンジオテンシン系降圧剤について

「アンジオテンシンII(2)受容体拮抗薬」、「β遮断薬」「アンジオテンシン変換酵素阻害薬」の3つは、いずれも降圧剤です。

「アンジオテンシン」にはI(1)から(4)までの4種類があります。

「レニン」と呼ばれる腎臓から分泌される物質の作用により、まず「アンジオテンシンI(1)」が作られます。

その後、「アンジオテンシンII(2)」に変換されます。

この物質が受容体と結合することで血圧が上昇すること明らかになっています。

高血圧に対する第一の治療方法は「アンジオテンシンI(1)」の原因となる腎臓から分泌される物質「レニン」を防ぐことです。

交感神経のアドレナリン受容体である「β1」を阻害することによりレニンが放出されるのをコントロールし、「アンジオテンシンI(1)」が生成されるのを防ぎます。

この役割を担うのが「β遮断薬」です。

二番目の方法は「アンジオテンシンII(2)」が受容体がつながるのを防ぐ方法です。

受容体は「AT1受容体」と「AT2受容体」の2種類があること分かっており、通常「アンジオテンシンII(2)」が「AT1受容体」と結合し血管を縮めてしまう事で血圧が上昇します。

ですので、「AT1」との結合を直接阻害し、高血圧になってしまう原因を取り除きます。