精力剤とは何か?

精力剤とは、肉体的な疲れや精神的な疲れを減らす作用のある医薬品を総じて、「精力剤」と呼びます。

40歳を過ぎた頃から起こる精力の低下は、ホルモンの低下が主な要因として更年期障害が起こることが分かっており、行動力がなくなる、やる気がなくなる、いつもだるいなどの精力が減退する症状が出てきます。

三越屋バナー

精力剤の分類と種類について

精力剤の種類はたくさんありますが、分類すると「医薬品」と「サプリメントを含めた食品」の2種類に分類されます。

医薬品

ドラックストアで手軽に買えるビタミン剤やにんにくを有効成分としたサプリメントなども、滋養強壮を効能としており、精力剤として一般的に利用されています。

男性の更年期障害を改善する薬として、メチルテストステロン含まれる医薬品があります。

薬剤師がいる薬局にて購入可能な製品ではヴィタリス製薬株式会社というバイアグラを販売している会社から「オットピン-S」、「外用ホルモン塗布剤オットピン」という塗布薬や摩耶堂製薬株式会社から販売されている金蛇精という薬があります。

また、「オットピン」には、オットピン亜鉛MAXドリンク、栄養補助食品としてオットセイマカカプセルと様々な剤型が販売されています。

食品(サプリメント)

鉄などのミネラル類、ビタミン類、アミノ酸、様々な植物からエタノール抽出されたものを有効成分として、特定の成分を補いたい場合はサプリメントを摂取するのも有効な手段です。

男性向けの精力剤について

実際の所、精力減退の原因を精神的な弱さと考える方が多いですが、実は、年齢を重ねることによって物理的な問題、血流低下やホルモンの分泌低下などの内分泌異常が関わっていケースもあります。
男性ホルモンの急激な現象によって起こる症状は一般的に「男性更年期障害」と呼ばれ、医学的には「LOH症候群」と呼ばれています。

通常は40歳を超えると、症状が出る方が急速に増えますが、若い方でも、強いストレスを感じている方では、男性ホルモンの急激な低下が起こるケースもあります。

また体を構成しているビタミンやミネラルの不足、タンパク質の摂取不足、体の循環の悪さなどが、活力や行動力を低下させたりします。

「男性更年期」が発症すると、下記のような症状を引き起こします。

●体が慢性的にだるい

●性行為が面倒

●仕事のやる気が出ない

これらのような症状を改善するために、不足している栄養素やホルモンを、サプリメントや医薬品で補給出来るように作られたものが男性向けの精力剤です。

※「LOH症候群」とは、男性ホルモンの「テストステロン」の体内での分泌量が低下し、「勃起不全」「性欲減退」「やる気の減退」などが起こります。

勃起に効く精力剤について

男性の方で、「精力」と聞くと「男性器の勃起機能」を連想する方多いのではないでしょうか?

男性器の勃起力の低下は、「ED(勃起不全)」と呼ばれ、様々な要因から引き起こされます。

勃起不全の症状としては下記になります。

性行為中に勃起が維持出来ず、途中で性行為が中断してしまう

十分な硬さが出ないため、挿入出来ない

挿入してもすぐに抜けてしまう

勃起不全(ED)を改善する薬としては、バイアグラなどのPDE-5阻害薬が一番効果的な薬です。作用機序も明確な医薬品であるED治療薬に勝るものはありません。

女性向けの精力剤について

女性向け精力剤は、ドラックストアなどで市販されている女性向け栄養ドリンクやサプリメント、ビタミン剤などがあります。

女性の慢性的な疲労感、やる気が低下する原因の一つに、鉄の欠乏があります。これは、生理によって、毎月、鉄分が失われるためです。

また、鉄の吸収率はとても低く、普段の食事から十分補うのは出来ないとされています。

そのため、女性用の精力剤・栄養剤の多くに、鉄が配合されています。

鉄分は、赤血球を作るミネラルですので、サプリメントなどで補給すると慢性的な疲労感が大きく改善される可能性があります。

サプリメントなどでよく見かける「ヘム鉄」は、鉄がタンパク質で包まれた状態となっており、通常の鉄分と比べて、吸収性が高いことが分かっています。

また、40代を過ぎた頃より女性は閉経に向けて、女性ホルモンの分泌が急激に低下し、ホルモンバランスが崩れるため、動悸やのぼせをはじめとする症状が起こります。

また「やる気の減退」や「朝起きられない」などの、「女性の精力」を低下させるケースもたくさんあります。

女性の更年期治療には女性ホルモンを補充する方法(HRT)がありますが、容量調整がとても難しく、専門医の指導が必要になります。

女性の性欲を高める精力剤

今まで女性の性欲を高める精力剤は存在しませんでしたが、2015年10月にアメリカにて女性の性的欲求低下障害の改善薬として「アディ(addyi)」という医薬品がFDAから認可されています。

有効成分はフリバセンで、発売当時はアメリカ内で注目が高まりましたが、薬が高額なのと長期間続けなければいけない事、更に副作用が頻繁に起こることからあまり人気は出ませんでした。

その後、2019年6月に新たな性的欲求低下障害の治療薬としてブレメラノチドという自己注射薬がFDAによって認証されました。こちらは性行為の約1時間前に腹部に注射して使用します。