薬剤性勃起不について

薬剤性勃起不全(ED)とは、普段から服用している薬の副作用が原因で起きてしまう勃起不全症状の事を指します。

特に、20代から30代の若い世代で精神安定などの向精神薬を服用している場合や、高脂血症や胃潰瘍の治療薬などを長い期間、服用している方は薬剤性勃起不全を患っていることが多いです。

もし、思い当たる事があればクリニックで問診を受けてみてください。

気を付けていただきたい点は、薬の副作用で勃起不全の症状が起こることを知らずに、『加齢のせい』と自己判断したり、精神疾患を患っている方が『EDも心の病からきている』と思い込んで病状をさらに悪化させる事があるという点です。

下記、症状を引き起こしやすい薬を種類を説明していきます。

三越屋バナー
降圧剤による勃起不全について

高血圧の治療に使われる降圧剤の中には副作用として勃起不全を引き起こす薬が複数あります。


もともと高血圧を患っている方は動脈硬化を起こしやすいためリスクは高いですが、血圧を下げるために降圧剤を使用している場合は薬剤性の勃起不全の可能性も検討したほうがいいでしょう。

β ブロッカー「アテノロール、プロプラノロール」、中枢作用性交感神経抑制薬「メチルドパ、クロニジン」、「ヒドロクロロチアジド」などは勃起不全を起こす可能性があります。

その中でも、β ブロッカーか利尿薬を服用している患者の勃起不全の発現率が高いという結果が近年行われた研究で明らかになっています。


また降圧剤を常用している高血圧の方とそうではない方では、降圧剤を服用しているグループの方が、勃起不全率が高いという研究結果があり、降圧剤は勃起になんらかの影響を与えるという事が分かっています。

降圧剤勃起不全を引き起こす理由についていまだ不明ですが、動脈硬化を持っている場合での血圧の低下は性器への血流量を低下させ、勃起不全を引き起こすのが一つの要因として挙げられます。

降圧剤が原因で勃起不全の症状がある場合には、バイアグラなどの PDE5 阻害薬で高い有効性があります。

精神安定剤や向精神薬によるEDについて

抗うつ剤などの精神安定薬などを服用している場合には、薬剤性勃起不全が起こるリスクが十分にあります。

うつ状態にある際、性欲が減少し薬の副作用でEDになっていても気づかない場合があります。

うつ状態が落ち着いてきた時に、性行為をしようとした際うまく勃起出来ず、症状を自覚しご相談に来られる方が多います。

注意点として向精神薬の中には、添付文書にも副作用にED症状が発現することが明記されてあるため、精神科にて処方を受ける際に薬の副作用としてEDがあることを主治医か聞かされていないケースも稀にあります。

抗うつ薬や精神安定剤が性機能障害を引き起こす理由として、セロトニン濃度が増える事が挙げられます。

うつ病になる方は、セロトニン欠如している状態の方が多く、神経中にセロトニンの量が多くなるようにする薬が使用されますが、一方でセロトニンは性機能を抑える働きもあります。

またセロトニン濃度の上昇は、感覚を低下させる作用があるため、射精の遅や勃起不全などにつながることも指摘されています。

バイアグなどED治療薬を使用し性機能を回復することによって、精神状態にも良い影響を与える事が明らかになっています。

抗うつ薬の中では特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)に分類される「ミルタザピン」勃起不全の副作用の発現率少ないとされています。

男性ホルモン抑制剤・抗アンド口ゲン剤によるEDについて

男性の性欲などに大きな影響を与えているホルモンが、テストステロンです。

このホルモンの分泌を抑える薬を服用すると、副作用として症状が表れることがあります。

「アンドロゲン除去療法」などは、LH-RH アゴニストなどの男性ホルモン抑制剤を使用するため、性欲低下が副作用としてみられます。

血液の中のテストステロン値を計測するかなり低い値を示すことから、性機能が低下する事が分かっています。


ただし、男性ホルモンが低下すると性欲も同時に低下することが多いため、性行為をする機会がなくなる方も少なくありません。

男性型薄毛治療薬として使用されている、フィナステリドやデュタステリドなどの薬も5α還元酵素を阻害することで発毛を促すため副作用で勃起不全が起こるとされています。

どのような薬が薬剤性EDになりやすいのか?

降圧剤利尿剤(サイアザイド系、スピロノラクトン)
Ca拮抗剤
交感神経抑制薬
β遮断剤
精神神経薬抗うつ薬(三環系抗うつ剤、SSRI、MAO阻害薬)
向精神病薬(フェノチアジン系、ブチロフェノン系、スルピリド、その他)
催眠鎮静薬(バルビツール系)
麻酔
ホルモン剤エストロゲン製剤
抗アンドロゲン薬
LH-RHアナログ
5α還元酵素阻害薬
抗潰瘍薬スルピリド、メトクロプラミド、シメチジン
脂質異常症治療薬スタチン系
フィブラート系
呼吸器官・アレルギー用剤ステロイド剤
テオフィリン
β刺激薬・抗コリン薬
抗ヒスタミン薬(クロルフェニラミン、ジフェンヒドラミン)
プソイドエフェドリン
その他非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

※SSRI:選択的セロトニン再取込み阻害薬、MAO:モノアミン酸化酵素