自己診断型の日本語の EHS「勃起の硬さスケール」について

アメリカにて、勃起不全の症状を簡単にチェックできる評価スケールが開発されました。

「勃起の硬さスケール(Erection Hardness Score)」と呼ばれ、 0 ~ 4 の5つのスコアで自己診断ができます。

2009年にアメリカで作成されたものを基準に、日本語でも EHS「勃起の硬さスケール」が開発されました。

下記が目安になりますので、セルフチェックしてみてください。

三越屋バナー

☑EHS「勃起の硬さスケール」について
グレード 0勃起しない
グレード 1陰茎は大きくなるが、硬くはない
グレード 2陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない
グレード 3陰茎は挿入には十分硬いが、完全ではない
グレード 4陰茎は固く、維持できる
☑硬さのイメージ

勃起時の硬さの目安を食べ物に例えて考えると、イメージが付きやすくなるかと思います。

グレード4 りんご

グレード3 グレープフルーツ

グレード2 みかん

グレード1 こんにゃく