糖尿病と勃起障害の関係性について

「糖尿病」はインスリンの働きが悪くなり、血液中の糖分の濃度が高過ぎる状態が続く病気です。

空腹時の血糖値126mg/dl以上またはHbA1c6.5%以上で糖尿病リスクが高くなります、糖尿病は初期段階では気づきませんが、長い時間をかけて身体に悪影響を与えます。

糖尿病が重症化してしまう、失明や腎機能障害などの大きな合併症を引き起こすこともあります。

また、糖尿病をお持ちの方で勃起障害を併発された方の割合はとても多いです。

糖尿病とEDの併発率について

アンケート期間:2021年5月
調査方法:インターネットでのアンケート
対象:日本に住む40~79歳の男性

EDではない:性交に十分な勃起ができて維持することもできる

軽度のED:ほとんどの場合、十分な勃起ができて維持することもできる

中等度のED:時々、性交に十分な勃起ができて維持することもできる

重度のED:いつも性交に十分な勃起や維持ができない

※糖尿病予備群:「空腹時血糖値(GLU)100~125mg/dL」または「HbA1cが6.0~6.4%」

EDではない軽度ED中等度ED重度ED合計
糖尿病と診断
されている
130 (31.3%)84 (21.2%)82 (19.7%)120 (28.9%)416 (100%)
糖尿病予備軍172 (31.6%)116 (25.3%)91 (19.9%)79 (17.3%)458 (100%)
糖尿病ではない1,626 (53.36%)632 (20.7%)445 (14.6%)344 (11.3%)3,047 (100%)
わからない44 (55.7%)9 (11.4%)18 (22.8%)8 (10.1%)79 (100%)

糖尿病の方は2人に1人は中等度以上の勃起障害を保有しており、糖尿病では無い人は4人に1人であるということが分かりました。

糖尿病になるとEDのリスクが2倍となるという結果が出ました。

日本国内における糖尿病と勃起障害の合併者数について

平成31年度の日本の人口総計(住民基本台帳に基づく)により糖尿病有病者数を計算した結果が下記になります。

糖尿病と診断
されている
糖尿病予備軍糖尿病ではないわからない糖尿病+
糖尿病予備軍
40~79歳の男性
4,000人を対象
416人458人3,047人79人874人
割合10.40%11.45%76.18%1.96%21.85%
人口統計より
人数を算出
3,393,3123,735,90624,854,379644,4037,129,218
中等度以上のED
有病者数を算出
1,647,7141,386,6906,435,873212,0823,034,404

2019年に20歳から79歳の男性を対象に行った糖尿病の調査では、中等度以上の勃起障害で悩む男性は国内に1,400万人ほどいると推測されています。

糖尿病もしくは予備軍に分類され、中等度以上の勃起障害を持つ男性の数は全国で約300万人とされています。

つまり男性の4人に1人は糖尿病を患い、EDを併発しているという事になります。

三越屋バナー

勃起障害になりやすい理由について

勃起するためには、脳や神経、海綿体、血流などの一つずつの器官が正常に機能する必要があります。

しかし糖尿病は器官の働きを阻害してしまう可能性が大きいのです。

神経障害について

糖尿病は神経回路に障害が生じやすくするので、脳から性的刺激が陰茎に伝達されにくくなり勃起もしにくくなります。

海綿体の機能不全が起こる

糖尿病により、海綿体動脈などで「内皮型一酸化窒素合成酵素」の働きが大幅に低下することで勃起しにくくなります。

糖尿病の典型的な症状である動脈硬化について

糖尿病の典型的な症状は、全身の血管に動脈硬化があらわれる点です。内腸骨動脈から陰茎動脈にかけて動脈硬化が生じると、勃起機能が明らかに減少します。

勃起障害の症状は、糖尿病や生活習慣などによって動脈硬化が進んでいる指標でもあります。

身体的な物理的な原因から生じるED「器質的ED」と呼びます。

さらには、糖尿病で生じた抑うつ傾向による「心因性のED」や、糖尿病の薬によって引き起こされる「薬剤性のED」もあり勃起障害を誘発してしまう可能性が高いでしょう。

糖尿病性EDの診断方法

糖尿病性EDかどうかは、血糖値がきちんと管理出来ているかを見る時に使用するヘモグロビン A1c(HbA1c)の値や糖尿病と診断されてからの期間で動脈硬化の進行度合いを判断します。

糖尿病性EDを悪化させないために!

糖尿病性勃起障害を進行させないためには、糖尿病をしっかりと管理し、運動や食生活、薬での治療を継続していくことが大切です。

ヘモグロビン A1c の値を7以下にしていくことが大切です。血糖値が高い状態が続いてしまうと、神経や血管に大きな障害を与え、EDを進行させてしまうのです。