うつ病とEDについて

2002年地点で、厚生労働省の推計でうつ病や双極性障害などの気分障害の患者数国内で約71万人いるとされていました。

2011年地点では約96万人、2017年には約128万人と患者数が急速に増加しています。医師の治療を受けていない方を含めると、これよりも大きな数字になると考えられます。

EDには3種類あり、身体的な機能不全が原因である「器質性ED」と、精神な原因で引き起こされる「心因性ED」、特定の薬を服用する事で、副作用によって引き起こされる「薬剤性ED」があります。

うつ病を患っている場合は、上記いずれにも当てはまる可能性もあることが明らかになっています。

1990年代の後半には、勃起障害の患者はうつ病を発症している率が、健康な方と比べ約3倍であるとリポートされています。

☑うつ病の有無別ED合併率

うつ病の方は、健康な方に比べて中等度以上の勃起障害の合併率が約1.7倍(うつ病:25.76%、うつ病ではない:15.53%)になると明らかになりました。

集計期間:2021年5月7日~9日
調査方法:インターネット集計
調査対象:日本全国の40~59歳の男性 合計2,000人(5歳階級ごとに500人)

  • EDではない:性交に十分な勃起ができて維持することもできる
  • 軽度のED:ほとんどの場合、十分な勃起ができて維持することもできる
  • 中等度のED:時々、性交に十分な勃起ができて維持することもできる
  • 重度のED:いつも性交に十分な勃起や維持ができない
EDではない軽度ED中等度ED重度ED合計
うつ病と
診断されている
66 (50.0%)32 (24.2%)20 (15.2%)14 (10.6%)132 (100%)
過去にうつ病と
診断されたことがある
96 (54.9%)44 (25.1%)22 (12.6%)13 (7.4%)175 (100%)
うつ病ではない1,098 (64.9%)332 (19.6%)188 (11.1%)75 (4.4%)1,693 (100%)
三越屋バナー

抑うつ状態から引き起こされるEDについて

うつ病は、憂鬱な気分になり、何事にも意欲がわかなるという症状が起こります。

意欲の減退はそのまま性欲の減退にも繋がり、勃起障害になる可能性を高くします。

勃起は、性的な興奮を受けたときに脳から陰茎に伝えられることで起こりますが、うつ病が原因で刺激を脳が感じない場合は脳からの性的刺激が伝わらず勃起しません。

バイアグラをはじめとする PDE5 阻害薬を服用することで、血管を拡張する作用により、陰茎に流れる血流が増加し、うつ病の場合でも勃起改善の効果ある場合が多いです。

しかし極端に強い抑うつの症状がある場合や、向精神薬などを服用している場合にはED治療薬の効果が十分に発揮できないこともあります。

個人的な意見になりますが、抑うつ気分が極端に強い状態のときは勃起の症状を気に掛ける事ほど余裕がないのではないかと思います。

EDの事を気に掛けることが出来るようになっているのは、ある程度精神症状が落ち着いて来て、改善に向かってきているサインなのではないかと思います。

抗うつ剤とEDについて

うつ病の治療に用いられる薬の中には、性機能を減退させるものがあります。

現在、抗うつ薬として最も良く使用されている SSRIは、セロトニンを増加させることで、性的衝動に関わるドーパミンの作用コントロールすることが知られています。

以前は、抗うつ剤を服用している方のED治療は難しいとされていましたが、臨床試験時にうつ病でSSRI を服用している方でも、PDE5 阻害薬の有効性が認められ、PDE5 阻害薬が厚生労働省から認可されてから、状況は大きく変わりました。

ただ自己判断で勝手に薬を止めてしまうと良い結果がでないため、ED薬の処方をされたい場合は念のため、担当医に聞いてみるのが良いかと思います。

うつ病とLOH症候群との関連性について

男性ホルモンの一種である、テストステロンの分泌量が低下することによって症状が出る事を「性腺機能低下症」や「テストステロン減少症」と呼びます。

ストレスの多い40代~50代を過ぎて起こる男性更年期障害と呼ばれる LOH 症候群では、加齢やストレスによって男性ホルモンであるテストステロンが低下することで、うつ病を引き起こします。

そして、男性ホルモンの低下とうつ病は、勃起障害の症状を誘発する可能性が高いと考えられます。

うつ病とEDの治療について

うつ病を患っている場合は、PDE5 阻害薬の有効性が既に認められていますので、一度試しに服用してみるとよいかと思います。

効果が期待出来ますが、万が一効果がない場合には、心療内科で担当医に相談をする必要があります。