勃起はどうやって起こるのか?

勃起は、一見単純な現象のように思えますが、実際体の中で起こっているメカニズムはとても複雑です。

血管や神経が正常に作用し、尚且つ勃起に関わるホルモンや酵素などの物質がきちんと放出されないと起こりません。

男性の陰茎には、陰茎海綿体尿道海綿体と2つの海綿体があります。

勃起に関わるのは、このうちの陰茎海綿体であり細い糸のような血管がたくさん集まったスポンジ状の形をしていて、周りを厚い白膜に覆われています。

勃起をしていない時には、毛細血管を通じて海綿体に栄養や酸素を運ぶ作用を担っていて、陰茎海綿体につながる血管や筋肉は縮んだ状態で、血液が中に入れないようにコントロールしています。

しかし男性が性的な興奮を覚えると、まず脳の中枢神経が興奮し、性的に興奮しているという情報が脊髄神経を通って陰茎へと渡ります。

すると体内では一酸化窒素が放たれることによって勃起が始まります。

一酸化窒素が放出されると、血管の一種である「陰茎深動脈」と「ラセン動脈」がゆるみ始めます。

海綿体の筋肉も同時に緩むことによって準備が整います。

そして一気に海綿体へと血が入りこみ、血液の圧力によって、海綿体がかたくなります。

これが勃起のメカニズムです。

勃起すると、海綿体を覆う分厚い白膜がふくれた状態となり、静脈を圧迫して陰茎の内圧を上げます。

この白膜の作用により、一度陰茎に流れ込んだ血液が簡単に出ていかなくなり勃起を維持できるようになります。

以上が、勃起が維持されるメカニズムになります。

三越屋バナー

勃起を引き起こす体内物質について

血液が海綿体に流れ込む事で勃起が発生しますが、「サイクリックGMP(グアノシン一リン酸)」という物質が非常に重要な役割を果たしてくれます。

これは自然の血管拡張剤であり、これが細胞内で増えることによって陰茎の壁にある筋肉がゆるまります。

性的興奮を受けて一酸化窒素が放出されると、サイクリックGMPが体内で増加します。

一方、陰茎海綿体には、この作用を妨げる「PDE(ホスホジエステラーゼ)5」という酵素もあり、バランスによって勃起が維持できるかが決まってきます。

PDE5の役割は、射精後や、性的興奮がしずまった後でサイクリックGMPを分解し、勃起を収束させる作用があります。

しかしながら、性交時にPDE5の分泌量が増えすぎてしまうと、サイクリックGMPの分泌が阻害されてしまい、勃起不全につながります。

バイアグラを代表としたED治療薬は、このPDE5(ホスホジエステラーゼ)の働きを抑えることでサイクリックGMPを増やし、勃起しやすいようにする薬になります。

何故、眠っている間に勃起をするのか?

ノンレム睡眠中(浅い眠り中)は体の機能を回復するために副交感神経が優位になりリラックスしています。

眠ることによって疲れていた脳や身体が休まされ、免疫力を高めたり、成長ホルモンを分泌させたりさせます。

レム睡眠中に勃起することは、生殖機能を維持できるようにするための体の健康管理の一環なのです。

夜間勃起は男性の生殖器の維持に欠かせない生理現象だと覚えておいてください。

勃起機能に異常を感じる男性は、医療機関の受診を

勃起が正常に起こるためには、血流の作用、性的な興奮を脳から陰茎へと届ける神経、一酸化窒素の放出、そしてサイクリックGMPの増加など、様々な動作が必要になります。

いずれかの作用に問題が生じるだけで、勃起不全になるリスクが高まるという事です。

特にEDの原因として、血管のトラブルは多く、ほとんどの原因が動脈硬化ですが、中には糖尿病などの生活習慣病が関わっているケースもあります。

性的興奮が起こっても勃起しない、もしくは中折れしてしまうなどの症状がある男性は、ぜひ一度、医療機関で医者に診てもらうようにしてください。

EDを根本から完治させる治療法は未だに存在しませんが、バイアグラのような内服するED治療薬で効果が期待できることがあります。